トップページ  >  ニュース一覧  >  男子コンバインド予選、女子に続き日本人は4人が決勝へ!

男子コンバインド予選、女子に続き日本人は4人が決勝へ!

2019年8月19日


ボルダー、リードで1位となったアレックス・メゴス 写真=Ryu Voelkel

文=北山 真

八王子で行われているクライミング世界選手権、8月19日にはオリンピックフォーマットで行われる3種複合のコンバインド男子予選が行われた。選手はこれまでの世界選手権の成績により選ばれた20名

1種目目はスピードで、2回のトライによる良いほうのタイムで順位を決定。日本人選手は好調でスピードのスペシャリスト3名に続き、楢﨑智亜が4位、藤井快が5位、原田海が6位、楢﨑明智が8位、4名とも6秒台という好成績。土肥圭太も11位と十分な成績だった。アダム・オンドラが9秒で最下位。

2種目目はボルダリング。アレックス・メゴスがただ一人全4完登。楢﨑兄弟、原田海、アダム・オンドラ、ヤコブ・シューベルトが3完登で続く。

3種目目はリード。最上部、緩傾斜になった途端に連続するフィンガーチップが核心だ。日本人選手もほとんどがここで落ちた。この手にめっぽう強いアレックス・メゴスがここを突破するも最上部でフォール。ヤコブ・シューベルトも突破するがメゴスに一手及ばず。アダムも突破したものの、不用意に置いた足がスリップしてしまった(のちに下部でボルトを踏んでいたことが発覚し19位に)。最後に登場した楢﨑智亜もフィンガーチップパートの餌食になってしまった。

いずれにせよ、日本人は女子に続き4名が予選通過。ファンにとっては日本人が多数決勝に残ることは大歓迎なのだが、当の選手の心中たるやいかがなものだろう。オリンピックに選出されるのは今回たった1名なのだから。
8名による男子決勝は、最終日21日、16:30から行われる。

男子コンバインド予選

    S B L    
1 アレックス・メゴス(GER) 17 1 1   = 17
2 ヤコブ・シューベルト(AUT) 15 2 2   = 60
3 楢﨑智亜 4 4 8   = 128
4 藤井 快 5 7 6   = 210
5 原田 海  6 3 14   = 252
6 リシャット・ハイブリーン(KAZ) 1 17 17   = 289
7 楢﨑明智 8 5 9   = 360
8 ミカエル・マウェム(FRA) 3 8 18   = 432

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ