トップページ  >  ニュース一覧  >  女子コンバインド決勝、優勝はヤーニャ、野口啓代オリンピック内定

女子コンバインド決勝、優勝はヤーニャ、野口啓代オリンピック内定

2019年8月20日


一人目のオリンピック内定選手となった野口啓代

文=北山 真  写真=山本浩明

クライミング世界選手権も大詰め、8月20日、ついにコンバインドの女子決勝が行われた。選手は18日の予選から選ばれた8名。

1種目目はスピード。スピードチャンピオン、ポーランドのアレクサンドラ・ミロスラフが入っているので、実質それ以外の選手は2位の座を目指してのトーナメントとなる。大舞台の緊張であろうか非常に多くの選手がスリップする。期待の野中生萌もスリップが多く最後の3位・4位決定戦でもペトラ・クリンガーに敗れてしまった。そんな混戦の中、ミロスラフとのビッグファイナルに進んだのはなんとショウナ・コクシーだった

2種目目はボルダリング。長い1課題目を森秋彩がすさまじい集中で完登。二人目の野口啓代はこれをフラッシュ。あとはコクシー以外登れなかった。2課題目は複雑な形状をバランスで登る。野口、ガーンブレット、野中が成功。3課題目足のみでトラバースする異色の課題、誰も登れず。それにしてもこの地味な課題を、なぜハイライトとなるべき3課題目に持ってきたのか分からない。


ボルダー1課題目をフラッシュする野口

3種目目はリード。森がまた見せた、途中ヒヤリとする部分もあったものの見事完登。あとは何人が完登するのか? さすがにガーンブレットは完登、しかし野口も最終ホールドタッチに終わった。つまり3位、ボルダー1位の野口にとってスピード7位をカバーするに十分な順位だ。結果野口は総合2位、文句なしの日本人最上位で、東京オリンピックの切符を手にしたのである。


リードでは最終ホールドにせまった


予選に続きみごとな完登を見せた森秋彩

女子コンバインド決勝

    S B L    
1 ヤーニャ・ガーンブレット(SLO) 6 2 1   = 12
2 野口啓代  7 1 3   = 21
3 ショウナ・コクシー(BBR) 2 3 7   = 42
4 アレクサンドラ・ミロソロフ(POL) 1 8 8   =64
5 野中生萌 4 4 5   = 80
6 森 秋彩  8 5 2   = 80
7 伊藤ふたば 5 6 4   = 120
8 ペトラ・クリンガー(SUI) 3 7 6   = 126

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ