トップページ  >  ニュース一覧  >  男子コンバインド決勝、楢﨑智亜が圧勝、オリンピックへ!

男子コンバインド決勝、楢﨑智亜が圧勝、オリンピックへ!

2019年8月21日


オリンピック内定した楢﨑

文=北山 真

八王子で行われているクライミング世界選手権最終日、8月21日にはコンバインド男子決勝が行われた。選手は19日の予選を通過した8名。

1種目目はスピード。不調だった女子に比べ男子は素晴らしかった。1/2ファイナルでミカエル・マウムを6.159で破った楢﨑智亜はなんとビッグ・ファイナルへ、さすがにここでは5秒台を出すリシャット・カイブーリンに敗れたが、2位という好成績。そしてスモールファイナルでマウムを制した原田海が3位、楢﨑明智5位、藤井快6位と、日本チームにとってこれ以上は望めないといっても良いほどのスタートとなった。


スピードで6.159をたたき出す楢﨑智亜

2種目目はボルダリング。アレックス・メゴスが指を怪我して戦線離脱。その後は”トモア・ショータイム”! 1課題目コンプレッション系、2課題目ルーフの両足トウフックをただ1人完登。3課題目のスラブも一撃する。


ボルダー第1課題をフラッシュする楢﨑

3種目目はリード。ヤコブ・シューベルトがリードクライマーの面目をかけて完登。続いたのは原田海、藤井快、楢﨑智亜で同高度。結果楢﨑智亜が2位となり、2 X 1 X 2 = 4という圧倒的勝利となった。


リードでも2位となった

終了後のインタビューで楢﨑智亜が良いことを言った。「このように自分に合った課題のコンペもあるし、そうでないこともある。それらに対処するには自分の”底力”をあげるしかない」まさに! この”底力”がとっさに翻訳できなかったのであろうか、通訳が対応できていなかったのが残念だった。

男子コンバインド決勝

 

    S B L    
1 楢﨑智亜 2 1 2   = 4
2 ヤコブ・シューベル(AUT) 7 5 1   = 35
3 リシャット・ハイブーリン(KAZ) 1 8 5   = 40
4 原田 海 3 6 3   = 54
5 楢﨑明智 5 2 6   = 60
6 藤井 快 6 3 4   = 72
7 ミカエル・マウム(FRA) 4 4 7   = 112
8 アレックス・メゴス(GER) 8 7 8   = 448

 

最新のニュース

minus

注目ニュース

   
   

ユーザからの最新情報

古賀志山

現在、古賀志山クライミングエリアではヘルメットの着用が厳守となっています。 持参及び着...

坊抱岩

【岩場浮石情報】 JFA の会員の方から長野県・坊抱岩の浮石情報が寄せられました。行かれる...

古賀志山

2018/10/24 古賀志山ではトポ記載の林道脇の駐車スペースが立て看板付きで駐車禁止となって...

池田フェイス

ビタースウィートの終了点直下のクラック内に、ムササビが昼間寝ています。近づくと威嚇され...

河又

2018年5月26日 ムーンビームの終了点から約1m上にムササビが巣を作っています。 # 人間にび...

jmaimagejfa

会員登録について

用語解説

グレード表

Facebookページへ

@ClimbingNetをフォロー

ページトップ